記事一覧

競合禁止とは

代理店が競合する他社商品を扱うことを禁止することを競合禁止といいます。
商法や会社法、労働法では競業避止(ひし)と呼ばれます。

社会通念上として代理店は本部に利益をもたらすために存在するため他社商品を販売しないことがルールになっています。
ところが保険の乗り合い代理店のように、お客様目線で多くの商品のラインナップを揃えたいという代理店も少なくありません。
小売店の場合は商品の品揃えが来店客数に影響を及ぼします。

場合によっては競合商品を取り扱うことによって、販売数が伸びる場合もありますので状況に応じて禁止するかどうかを判断しましょう。

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP