代理店の営業スキルが足りない。さてどうする?

ケーススタディーで、代理店本部の能力を高めていきましょう!

問い)
代理店が集まったものの営業スキルが足りなくて、売上が伸びない。
この場合、みなさんならどうしますか?

答え)
この場合、大きく分けて3つの方法が取れます。
1.他に代理店を探す
2.今の代理店を教育する
3.仕組み自体を見直す

それぞれ順に見て行きましょう。

1.他に代理店を探す
複数の募集サイトを活用するなど、もっと売ってくれる代理店を探すという方法です。
予算があって、かつ、加盟金などで広告料を補えるようであればこの方法も有効です。

2.今の代理店を教育する
今の代理店を見つけて契約するまでにはコストがかかっています。
また一から見つけるよりも、勉強会や直接同行、ロールプレイングなどで教育していくのも得策です。
このことから、代理店を採用する際には、教育ができる素質があるかという基準が重要だということがお分かりいただけると思います。

3.仕組み自体を見直す
そもそも、代理店に行ってもらいたい業務と、代理店ができるレベルに差がありすぎる可能性もあります。
例えば専門知識や、高度なコンサルティング能力が必要だという商材の場合は、適した代理店を見つけるのは時間がかかります。
この場合には見込み客を紹介してもらうだけにするなど仕組みから見直した方が良いでしょう。
 
 

関連記事

  1. 代理店本部の作り方を学びませんか?

    日本代理店協会は「誰でも代理店の作り方を学べるようにしたい!」という想いで設立されました。 現…

おすすめ記事

  1. 2017年2月24日に開催された「代理店・FC本部実務者会議」の内容をレポートとしてまとめました。協…
  2. 2017年1月23日に開催された「代理店・FC本部実務者会議」の内容をレポートとしてまとめました。協…
  3. 加盟会員様へ行ったテレアポ指導の内容をレポートとしてまとめました。加盟店開発だけでなく、代理店への営…
  4. 2016年11月17日に開催された「代理店・FC本部実務者会議」の内容をレポートとしてまとめました。…
  5. 代理店やフランチャイズ(以下、代理店)事業を拡大させていくためには、常に新規代理店を獲得していく必要…

イベントをチェック!

  1. 12月5日開催「第47回業務提携徹底活用セミナー」参加者募集

      代理店展開・フランチャイズ展開に通じる業務提携について以下のセミナーに日本代理店協会として共催…

JDA会員数

1,140社(名)
※2017年2月23日現在
ページ上部へ戻る