代理店募集サイトに掲載しているが、有力な候補者が現れない。さてどうする?

人気のある商材(商品・サービス)の場合、一つの代理店募集サイトに掲載するだけで、対応できないほどの代理店候補者が殺到します。
候補者(資料請求者)が少なくても費用対効果が出ている企業は、2つ、3つと複数の募集サイトに広告を載せています。

来てはいるが有力な候補者が現れないという場合は次の2点を見直してみましょう。

1.電話対応方法や資料を見直す
ひょっとしたら有力な候補者が現れないのではなく、貴社の対応が上手くできていない、商材が魅力的に見えない、という可能性があります。
思い切って対応する人を変えたり、候補者に見せている資料を、パンフレット製作会社などに作成しなおしてもらう、ということが必要かも知れません。

2.プッシュ型も取り入れる
募集広告を出すことをプル型、電話やFAXDMでの代理店獲得をプッシュ型と呼んでいます。
募集サイトに集まっている層と、貴社の商材を売れる人材の層が一致していないという可能性もありますので様々な方法をミックスしてみましょう。
(特に、コンサルティング系や特殊な業界など、販売するのに特殊なスキルを必要とする場合は見つけづらい傾向があります)

関連記事

  1. 代理店本部の作り方を学びませんか?

    日本代理店協会は「誰でも代理店の作り方を学べるようにしたい!」という想いで設立されました。 現…

おすすめ記事

  1. 2017年2月24日に開催された「代理店・FC本部実務者会議」の内容をレポートとしてまとめました。協…
  2. 2017年1月23日に開催された「代理店・FC本部実務者会議」の内容をレポートとしてまとめました。協…
  3. 加盟会員様へ行ったテレアポ指導の内容をレポートとしてまとめました。加盟店開発だけでなく、代理店への営…
  4. 2016年11月17日に開催された「代理店・FC本部実務者会議」の内容をレポートとしてまとめました。…
  5. 代理店やフランチャイズ(以下、代理店)事業を拡大させていくためには、常に新規代理店を獲得していく必要…

イベントをチェック!

  1. 12月5日開催「第47回業務提携徹底活用セミナー」参加者募集

      代理店展開・フランチャイズ展開に通じる業務提携について以下のセミナーに日本代理店協会として共催…

JDA会員数

1,140社(名)
※2017年2月23日現在
ページ上部へ戻る