記事一覧

営業派遣との違い

営業派遣とは、人材派遣(労働者派遣)のうち営業マンや営業レディーを派遣してもらうこと。
その指揮命令は派遣先の営業マネージャー、つまり貴社になります。

費用の相場は1人50万円/月 前後。(テレマーケティングは35万円、営業マネージャークラスは70万円前後。当協会調べ)
派遣会社で一定の研修を受けていたり、他の派遣先で経験を積んでいたり、元々営業経験が長かったりします。
自社でイチから営業マン、営業レディーを育てるのは時間とコストがかかりますので即戦力として妥当な価格ではないでしょうか。

営業派遣と代理店との違いを考えてみましょう。
代理店の場合は、まず上記のような固定の人件費がかかりません。
代理店が10人いても100人いても、人件費はゼロ円です。
自社の代理店担当者の費用はかかるものの、これは大きなメリットです。

さらに、代理店の場合は既存のルートに貴社の商品・サービスを流せるといって希望してくる場合が多いので、すぐに商流が作れるというメリットもあります。

デメリットとしては、商品・サービスが売れなければすぐに販売しなくなるということです。
営業派遣の場合は売れても売れなくても他社の商品に浮気せずに毎日営業してくれます。
ところが代理店の場合は、同じ労力をかけるなら他の商品を売った方がいいという合理性に基づきあっという間に売らなくなります。

このデメリットを解決するために、商品の魅力を高めたり、セールスツールを充実させたりすることができれば、代理店の方がリスクも少なく短期間で事業を拡大させることができます。

無料相談はこちらから

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP